26 Dec, 2022

Directed the movie “Mars Atmosphere Simulation with Fugaku”

We produced a movie “Mars Atmosphere Simulation with Fugaku” which introducing the research of Dr Hiromoto Kashimura (Kobe University | Planetary Science Research Centre), who is conducting weather simulations on Mars using the supercomputer Fugaku

Recently, we have more opportunities to see various images and videos of Mars by the rover sent by NASA, and this film clarifies the intensity of the Martian weather and the harshness of the terrain through concrete figures and simulations. 

This time, we also filmed inside the Fugaku computer room, which is not easy to enter. We hope you enjoy it.

[Movie Info]

Scientist: Hiroki Kashimura, Kobe University | Center for Planetary Science 

Thanks to:

Kobe University,

Center for Planetary Science,

RIKEN Center for Computational Science

Produced by JICFuS

Camera by Yuichi Minamiguchi & Motoki Kato

Music by Ayumi Yoshioka “Canyon”

Directed by Yuichi Minamiguchi

JICFuS (Joint Institute for Computational Fundamental Science) movies shows how physicists in the fields of particle, nuclear, space and planetary physics are using supercomputers to conduct simulation research.

スーパーコンピュータ「富岳」で火星の気象シミュレーションを行っている樫村博基さん(神戸大学惑星科学研究センター)の研究紹介ムービー「火星の大気シミュレーションと『富岳』」を制作しました。

最近はNASAが送り込んだ探査車によって様々な火星の映像や画像を見る機会が増えましたが、火星の気象の激しさや地形の峻厳さを、具体的な数値やシミュレーションによって明らかにする、そんな映像になっています。

今回はなかなか入室することができない富岳のコンピュータルーム内での撮影も行いました。神戸の風景などもあわせて、どうぞお楽しみください。

[ムービークレジット]

研究者:樫村博基(神戸大学|惑星科学研究センター

制作:JICFuS(計算基礎科学連携拠点)

撮影協力:神戸大学神戸大学惑星科学研究センター理化学研究所計算科学研究センター(R-CCS)

撮影:南口雄一&加藤元樹

音楽:「Canyon」吉岡亜由美

演出・製作:南口雄一

素粒子・原子核・宇宙・惑星の各分野の物理学者が、どのようにスーパーコンピュータを用いてシミュレーション研究を行っているかを紹介するのがJICFuS(計算基礎科学連携拠点)ムービーです。

08 Nov, 2022

Movie of “YUKAWA MASAKI exhibition 2022”

2022 exhibition at the Kobayashi Gallery in Ginza. The interview discloses Yukawa’s own analysis of the changes in style seen in recent years. Please enjoy it together with the exhibition.

Masaki Yukawa is an artist from Wakayama, Japan, who had been living and working in Wuppertal, Germany for a long time. Since 2010 he has been based in Japan and is currently based in Osaka.

[Exhibition Info]

date: 2022. 8.16 MON – 8.29 SAT

venue: GALLERY KOBAYASHI

[Movie Info]

Music: “Stain” by Ayumi Yoshioka

Directed by Yuichi Minamiguchi

©2022 STORM PETREL STUDIO

銀座のコバヤシ画廊にて開催された2022年の湯川雅紀展の様子です。インタビューでは、近年みられる作風の変化について、湯川自身による分析が開示されています。展覧会の様子と合わせてお楽しみください。

湯川雅紀氏は和歌山出身の美術家で、長らくドイツのヴッパータールにアトリエをかまえ活動をしていましたが、2010年より活動拠点を日本に移し、現在は関西福祉科学大学で教鞭をとりながら制作活動を続けています。

[展覧会]

会期:2022 年8月16日(月)― 8月29日(土)

会場:コバヤシ画廊(銀座)

[ムービークレジット]

音楽:吉岡亜由美「Stain」

映像ディレクション:南口雄一

©2022 STORM PETREL STUDIO

10 Aug, 2022

Directed the movie “special exhibition YUKAWA Masaki 2011-2022”

The exhibition at the TANABE CITY MUSEUM of ART in Wakayama Prefecture brings together works from the last decade by contemporary artist Masaki Yukawa. After 20 years as an artist in Germany, Yukawa returned to Japan in 2010 and has since been based in Wakayama and Osaka. In this interview, he talks about the changes in his style from his time in Germany to the present.

This time I directed the record movie of this exhibition. Please enjoy it as well.

[Exhibition Info]

date: 16 April – 26 June 2022

venue: TANABE CITY MUSEUM of ART

[Movie Info]

Music: “Cavern” by Ayumi Yoshioka

Directed by Yuichi Minamiguchi

filmed with the cooperation of TANABE CITY MUSEUM of ART

with special thanks to KASHIMA High School Art Club & TANABE High School Art Club

©2022 STORM PETREL STUDIO

和歌山県の田辺市立美術館にて現代美術家・湯川雅紀の最近十年の作品を一同に集めた特別展「湯川雅紀 2011-2022」が開催されました。湯川は20年に及ぶドイツでの作家活動を経て、2010年に帰国、その後は和歌山や大阪を拠点として制作活動を続けています。今回は、この展覧会の様子を映像に収めることができました。インタビューではドイツ時代から現在にかけての作風の変遷について語ってくれました。どうぞご覧になってみてください。

[展覧会情報]

会場/主催:田辺市立美術館

会期:2022年4月16日(土)-6月26日(日)

[ムービークレジット]

音楽:吉岡亜由美「Cavern」

映像ディレクション:南口雄一

撮影協力:田辺市立美術館、神島高校美術部田辺高校美術部

15 Jun, 2022

Movie of Harumi Yamanaka & Yuichi Higashionna “Play Double”

Directed an exhibition film “Play Double”. In this exhibition we edited an installation movie work for Yuichi Higashionna. We also did some engineering work for this exhibition. Please enjoy the show.

[outline of exhibition]
title: Harumi Yamanaka & Yuichi Higashionna “Play Double”
venue: heimlichkeit Nikai
date: 20 May – 19 June 2022 (closed on Tuesdays, Wednesdays and Thursdays)
address: Omori-Kita 6-13-3, Ohta-ku, Tokyo

[movie credits]
Music “Shutter” composed by Ayumi Yoshioka
Filmed & Directed by Yuichi Minamiguchi
Thanks to fruits parfait cafe “Safi”

アーティストの東恩納裕一さんの展覧会が、平和島に新しく出来た展示スペース「heimlichkeit Nikai(ハイムリッヒカイト ニカイ)」にて開催されています。今回は山中晴海さんとの二人展です。こちらの会場は、古民家をリノベーションしたスペースで、一階は東恩納さんプロデュースのフルーツパフェ屋さんになっています。今回は展示作品の編集と展示のお手伝いをさせていただきました。今回は作家による作品の展示空間というより、建物そのものも作品になっているようなユニークな展示になっています。と言っても、小難しい感じのするスペースではなく、パフェ屋さんも含めて、懐かしくも非常に楽しい空間が出来上がりました。展示は6月19日までですが、パフェ屋さんは季節限定ですがオープンしていますので、是非一度訪れてみてください。また、映像でも少しは現地の様子を楽しめるかと思います。よろしかったらご覧になってみてください。

山中晴海&東恩納裕一「プレイダブル」
会期:2022 年5月20日(金)― 6月19日(日)11:00-19:00(火曜、水曜、木曜日は休館)
会場:「heimlichkeit Nikai(ハイムリッヒカイト ニカイ)」
住所:東京都大田区大森北6-13-3 

[ムービークレジット]
音楽:吉岡亜由美
映像ディレクション:南口雄一
撮影協力:フルーツパーラー “Safi”

07 Mar, 2022

Directed the movie “In Search of Pc pentaquark”

It has been a while since we produced a movie for the Journal of Science and Technology. This time, we feature Takuya Sugiura from RIKEN, who is researching hadrons using the supercomputer Fugaku. And the title of movie is “In Search of Pc pentaquark -Simulate Hadron Interactions with FUGAKU-

Mr Sugiura gave a very detailed lecture on his difficult research. The images of the supercomputer HOKUSAI and the control room of the accelerator in RIKEN are rare and hard to see.

It was difficult to start filming due to the covid-19 pandemic, but thanks to the cooperation of everyone at RIKEN and everyone else involved, we were able to complete the film. Because of your co-operation we have created a film with rich content.

[Movie Info]

Location: Riken in Wako-city

Music “Inter” by Ayumi Yoshioka

Directed by Yuichi Minamiguchi

Monthly JICFuS” is a web magazine published by JICFuS (Joint Institute for Computational Fundamental Science), a research organisation jointly established by the University of Tsukuba’s Research Centre for Computational Science, the High Energy Accelerator Research Organisation and the National Astronomical Observatory of Japan.

久しぶりに科学技術ジャーナルのムービーを制作しました。「Pcペンタクォークをもとめて―「富岳」でハドロン間相互作用を探る」というタイトルのムービーで、今回取り上げるのは スーパーコンピュータ「富岳」を用いてハドロンの研究をしている RIKEN杉浦拓也さんです。杉浦さんは難しい研究内容をとても丁寧にレクチャーしてくださいました。理研内にあるスーパーコンピュータHOKUSAI、そして理化学研究所仁科加速器科学研究センター内にある加速器(RIビームファクトリー)のコントロールルームなどの映像はなかなか目にすることはできないレアなものだと思います。

本作はコロナ禍にあってなかなか撮影にとりかかれなかったのですが、理研をはじめとして、神戸の 理化学研究所 計算科学研究センター RIKEN R-CCSやJICFuSのスタッフの皆様のご協力のおかげで完成させることができました。ありがとうございました。おかげで内容の濃い一本に仕上がったと思います。ムービーには日本語・英語の字幕もついています。どうぞお楽しみください。

[ムービークレジット]

撮影地:理化学研究所(和光市)

音楽:吉岡亜由美「Inter」

演出・制作:南口雄一

月刊JICFuS」は筑波大学計算科学研究センター高エネルギー加速器研究機構国立天文台の3組織が合同で立ち上げた研究組織「JICFuS(計算基礎科学連携拠点)」が発行しているwebマガジンです。